プログラミング認定試験を受けてみよう

DTP検定は長期間保有するほど価値の出る資格

DTP検定とは、DTPに関するコンテンツの理解力やデザイン能力、編集やレイアウトの能力といった知識を証明する資格です。試験は3種、2種、1種の3種類があります。どの種類でも受験条件は無く、誰でも受験することが出来ます。試験は全てコンピュータに表示される問題を読み、コンピュータで選択肢の中から正解と解答していく方式です。全てコンピュータで行われるのが特徴です。試験時間は3種60分、2種と1種は90分です。どの種類も満点に対して8割以上の得点の取得で合格となります。DTP検定は合格後2年間の有効期限が存在します。2年ごとに更新のための試験に合格する必要があります。常に最新の知識が求められるのです。そのため、難易度は高くなく合格率が高いながらも就職や転職で強くアピール出来る資格となっています。特に長期間保有するほど更新を何度も行うことになるため、より価値が上がります。活躍出来る業界も出版、印刷、広告関係と幅広く、また職業もデザイナーから広告制作者、編集者や営業等幅広く働くことが出来ます。DTPを必要とする業界に就職や転職を目指している方は取得して損はありません。今まで紙媒体だったもののデジタル化が進むにつれDTPの知識や技術の需要は急激に増加しています。今後もその傾向は続くため、DTPを扱う業界ではDTP検定のような資格の取得が推進されています。先に述べた有効期限のこともあり、早く取得するほど後で存在感が増していきます。更に詳しくDTP検定を調べる方はこちら

DTPエキスパートは幅広い業界と職業で役に立つ資格

DTPエキスパートとは、印刷物のレイアウトや色彩関係、スキャン関係や印刷等の知識や技術を証明する資格です。受験条件は無く誰でも受験が可能です。試験は学科試験と課題制作の2つに分かれます。学科試験は第一部と第二部の2つに分かれて、それぞれ試験時間は120分です。問題は複数の解答の中から正解を選ぶ形式になっています。課題制作は実際の仕事と同じような形式で、依頼された印刷物を指定期間内に制作して提出します。事前に指定された素材をダウンロードして使用して制作します。筆記試験は問題ごとに5つのカテゴリに分かれていて、全てのカテゴリで8割以上の正答で合格となります。課題制作は、6つのカテゴリに分けて評価され、全てのカテゴリで10段階評価中8段階以上を取得すれば合格となります。筆記試験と課題制作両方合格することで資格を取得することが出来ます。DTPエキスパートは2年間の有効期限があり、2年ごとに更新試験を受験し合格する必要がありあす。有効期限があるため、取得後も常に最新の知識や技術を必要とされます。それだけに強力にアピール出来る資格で、就職や転職に非常に役立ちます。出版や印刷や広告業界等のデザイナーや編集者や営業等、幅広い業界かつ職業で活躍出来るのが利点です。DTPエキスパート自体は合格率は高いですが、持っている人は多くないため取得しておいて損をすることはありません。分類的にはデザイン関係になるため女性にもおすすめです。

IT資格C言語プログラミング能力認定試験について

C言語プログラミング能力認定試験について説明しましょう。C言語は、数ある言語の中でも有名ですし、非常に扱いやすいですので、多くの仕事場で使われているので、価値の高い資格です。それに、これからプログラムを書いてみたいという初心者にも易しい言語ですので、腕試しに試験を受けるというのも良いでしょう。3級、2級、1級からなっています。3級に関しては、ほとんど基礎を理解していれば合格は簡単です。これからプログラムを学ぶという方は、3級から受けるのが良いかと思います。2級となりますと、ある程度プログラムを綺麗に早く書ける事を求められます。プログラマーとしてのスキルをアップしたいという方には良いでしょう。この2級と3級は筆記試験で行いますが、1級となりますとパソコンを利用しての実技試験となります。1級ですと、プログラムの応用力というのを試されるので、高い技能が求めら難しいですが、合格できれば高いスキルを保証してくれますので、プログラムの仕事をする方は、目指しても良いかと思います。有名な言語なだけあって、プログラム関連の資格の中では人気もあります。その分、多くの参考書が出ていますので、独学でも十分合格を目指すことができるでしょう。またC言語を勉強する事によって、他のプログラム言語にも繋げる事ができますので、後に他言語を使う事になっても勉強がしやすいというのもあるので、プログラマーの方は取っておいても良い資格でしょう。